他人に好かれるために、相手を意識させる悪魔の方法


 

異性や仕事仲間といった他人から好かれたいとお思いの方に、好かれるための非常に効果的な方法を紹介したいと思います。

この方法は直接好意を示して相手の気を引く方法よりも、潜在的に相手に自分の存在を意識させるのに効果があります。

ぜひ好かれたい相手がいる方はこの方法を使って相手の方の意識をこちらに向けてみましょう。

 

・間接的に相手のことが好きだと伝える

相手にあなたのことを好きになってもらう・意識してもらうようにするには、友人などの第三者を通じて、あなたが相手に好意を持っているということを伝えてもらいましょう。
第3者がクッションとして挟まることで、相手に情報に対する意識を向けさせることができ、1対1で伝えるよりも相手の心の中に残ります。
他人からの好意に意識を向けてしまうと、その他人に対して無条件で好意をもってしまうという心理学的な状態に陥ってしまうため、告白する数週間前までにこうした行動をとっておけば成功率が非常に高まります。

・間接的に相手を褒める

間接的に好きだと伝わるのが恥ずかしいという人は、間接的に自分が相手を褒めていたということを伝えてもらいましょう。
こちらも前述した好意の間接的な表現と同様、相手に自分を意識させることができます。
ただしこちらは相手があなたに持つ印象として、好意よりも信頼という意識のほうが強く出ます。そのため会社の同僚との関係をスムーズにさせたい時に使うといいでしょう。

・相手の友人や親族と仲良くなる

相手の友人や親族と仲良くなることで、相手があなたに対して仲間意識を持つようになります。共通の友人や知り合いが多いほど警戒心が解かれて行くため、相手に好かれやすい環境で関係作りが可能になります。

 

 

こうした伝聞形式により自分の気持ちを伝えることで、相手の中にはあなたが相手をどう思っているのかという印象が加わるため、その期待に応じた行動を取りがちになります。

つまり、好き等の高評価につながる印象が相手の中にあるとわかると、人は高評価につながるような行動を、逆に相手の中に悪評価につながる印象があるとわかれば、高評価につながるような行動をしなくなります。

これを利用することで、相手は自然と高評価をしてくれる相手に良い行動をしてくれますし、悪い評価の相手には冷たく接してしまいがちです。

この方法は人間関係を崩すためにも簡単に使えてしまうため、悪用は厳禁です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です