意中の男性を「色」で刺激するためのオススメ色


色で相手の心を刺激して、相手を自分が望むような気持に持っていけるとしたらどうなるでしょうか

人は自分が選ぶ色、そして相手が身に着けている色によって気持ちに変化が表れます

ここでは相手に見せることで効果を与える各色の特徴について紹介していこうと思います

ピンク

ピンク色には男女ともに優しさや幸福な気分へとさせてくれる効果があります。イライラしたり気分が良くないときにはピンク色のものを身につけたり見せてあげると、非常に気分を落ち着かせます。

ピンク色のものを身につけた時に男性側に与える印象としては「思いやり」や「慈悲」といった優しさを象徴させるような感情をもたせます。特に愛情を欲している状態の人がピンク色を見ると、幸福感を感じることがあります。ぜひ愛情を求めている男性がいるときはピンク色の服で勝負にでましょう。ピンク色を見たときの幸福感があなたに会ったことで出た幸福感と錯覚し、相手にあなたのことを意識させます。

 

赤には興奮させる作用があります。長時間見ているとアドレナリンを分泌させ、心拍数などもあがりテンションが高まっていきます。

朝起きれない人は赤いものを布団周りにおいておくことで、目覚めをよくすることができます。男性と出会うときに赤い服を着ていくと、性的にも興奮させてしまい、デートなどをゆっくり過ごしたい場合は向いていません。相手の気持ちをじらすためにあえて赤い服を着るというやり方もありますが。

一方でこの赤い色は疲れているときやどうしてもテンションがあがらないときに見ると、不安や焦燥感を与えることになるので注意が必要です。

 

紫は非日常的な色です。心の奥を刺激し、時には悲しみの印象を与え、時にはエロティックな印象を与える不思議な色です。

男性が紫色をみると、ロマンティックな感情になることが多いです。非日常的な気分にさせるため、特別な日に紫色を身につければ素敵な時間を過ごせる可能性が高いです。

注意点としては多用しすぎると悲しすぎる印象を与えてしまいます。悲しい気分の人には紫色を身につけることは避けましょう

 

異性と会うときに避けたい色

グレー : グレーは相手に印象を与えません。それどころか使いすぎると相手のやる気や意欲を妨げてしまいます。

茶色 : 相手を穏やかな気分にさせて落ち着かせます。逆に言うと相手に刺激を与えることができません

コントラストの高い緑 : はっきりとした明るい緑色は息苦しさを感じさせてしまいます。異性はもちろん、部屋のカーテンなどにも使わない方がいいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です