こんな行為は嫌われる!?男性が嫌がる女性の行動


 

人を嫌いになる、嫌われてしまうというきっかけはほんの些細なことが起因していることがあります。

普段の生活のなかで意識していなかった行動や言葉が、相手にとっては不快を与える行動で、相手からの好意がガクンと下がってしまうことがあります。

今回は特に男性が女性の行動の中で嫌いな行為を集めてみました。ぜひとも皆さんはこれらの行為に気をつけて意中の男性に対して接してください。

 

メール編

失礼のないよう意識しすぎたメール

相手に嫌われたくないがために、妙に丁寧になりすぎたり妙に相手を持ち上げるような内容や言い方でメールをする人は男性からの受けが悪いです。変に気をつかったメールの文章ではなく、「らしさ」を交えて口語調のメール文にしましょう。

事務的口調は一定の仲になったらやめる

「お疲れ様でした」や「よろしくお願いします」などの事務的口調の挨拶や定型文は、何度かメールするような仲になったらやめましょう。男性の場合はどんなに親しくなってもこのような挨拶を気にもせず使い続けますが、女性がこうした態度を親しくなっても使い続けると、男性側は女性に距離を置かれているという気持ちを抱きます。

 

会話・話題

過剰な冗談を言い合わない

仲良くなって、どんな話題でも話せるようになっても冗談ばかりを言い合うような仲になるのは避けましょう。男性は性的な関係になることのない異性の友人を持つということに憧れを持っています。冗談を言い合える仲になることはいいことですが、それが過剰すぎる場合男性側が望む異性の友人として都合のいい存在以上の関係に発展して行きません。恋愛対象として扱われなくなるので注意しましょう。

不幸ばなし

たまに自分の不幸ばなしをしはじめる女性がいますが、これは絶対にしては行けません。男性は表面上は同情した態度をとり励ましてくれるかもしれませんが、内心では引いています。まれに熱心に関心を寄せてきてくれる人もいますが、そういった人は良からぬ下心があるとみて間違いないでしょう。

 

態度編

男友達と盛り上がる

男性の友人と大人数で一緒に盛り上がっている姿や態度というのは、はたから見ている男性にとっては好ましいとは思えない状況でしょう。特に男性というのは女性以上に会話を通じて恋心を芽生えさせてしまいます。そうした経験を自らしているために、異性と仲良くしている女性を見ると恋愛対象としては不安視してしまいます。

せっかちな言動

仕事の場面などで相手に物事を急かすような発言が多いと、男性は恋愛感情が冷めてしまいます。急かすという行動を女性が行うと、いわゆるヒステリックという風に映ってしまうためです。特にイライラしておらず単純な仕事上の理由で急かしていても、女性の高音な声質とあいまってヒステリックな印象を受け取らせてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です