会話を弾ませるテクニック


 

初対面、あるいは微妙な顔見知りの人と中々会話が弾まないということはよくありませんか?

特に微妙な顔見知りの人には関係初期のように趣味や好みを聞き出すのにも今更感が出てしまって気まずいものです。

今回はちょっとした会話の中で意識して行うことで、会話を弾ませるきっかけを作れるテクニックをご紹介したいと思います。ぜひとも参考にしてみてください。

1:繰り返し

会話を「繰り返す」というテクニックがあります。

この繰り返しとは色々な形があります。

1つは「事実」を要約して繰り返す。1つは「気持ち」を要約して繰り返す。1つは「話」を繰り返す。という方法です。

「事実」の繰り返しとは会話の中で話された内容の中で脚色されていない事実をまとめ、それを会話の中で話すことです。これを行うと、相手は自分の会話の内容が相手に理解されていることを感じ、安心して会話することができます。いわゆる話しやすい人というのはこうしたことがうまいです。

「気持ち」の繰り返しとは会話の中で話された内容の中で、相手の感情を要約してまとめる、それを会話の中で話すことです。これを行うと、相手は自分の感情を相手に理解されていることを感じ、相手に対して親密感というのを感じさせます。

「話し」を繰り返すとは今話されている話題について繰り返し話すことです。これを行うことで、相手は自分が話している会話の内容に相手が興味を持っているということを確認できます。そのため相手が会話をしやすい雰囲気を作り出し、会話を引き出すことができます。

 

 

2: 相手に合わす

会話を弾ませるポイントに「共通点」というのがあります。興味をもっていることが共通点としてあれば、会話は楽になりますが、興味をもっていることが違う場合は、会話のペースや話し方を相手にあわして、話す内容以外の部分を相手と「共通」させることでお互いの緊張感を解かせるという方法です。

その他にも相手の感情に合わせて自分の感情も共通させるという手法もあります。

 

3:真似る

これは2の相手にあわすと似ていることですが、相手の仕草を真似しましょう。自分と同じ行動をとる相手に対して人は仲間意識を持ちます。好意の表れでもある行動ですので、あえて相手の仕草を真似ることで、相手が持っている不安感を解消させることができます。

相手の不安感を解消するというのはスムーズな会話の応酬を行うためには絶対に必要な要素です。相手の仕草を真似ることでお互いの中にある不安感を取り除きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です