上司に気に入られるための「たった3つ」の心構え


 

上司から気に入られることは社会人としての生活を良いものにしていくためには必要なことです。いくら仕事ができる優秀な社員でも、上司との関係が悪ければ査定や出世は決していい方向へは行かないでしょう。
ここでは上司とよりよい関係を築くための方法をお教えしたいと思います

 

 

聞き上手になる

誰だって自分の話はちゃんと聞いて欲しいもの。ちゃんと聞いてくれる人には好意だって感じるものです。これは会社の上司との会話にも言えること。特におじさん系の上司は話を聞いてくれ、肯定する人が少なくなってきてしまう時期でもあるので、話を聞いてくれる部下という存在を非常に好みます。
また、話を聞く際は相づちに工夫しましょう。ただ話を「はいはい」と聞いているだけでは、本当に話を聞いているのか・生返事でめんどくさく思っているのではないかと逆に嫌な印象を与えてしまいます。返事を刷るときは相づちを付け加え、「なるほど」や「いいですね」「○○ということですね」など、会話に興味を持っていることを伝えるようにしましょう。
そのときは絶対に最後まで話をさせることです。途中で意見があったりしても、最後まで話きらせてから意見をするようにしましょう。話の途中で遮られるのは心象をよくさせません

 

さりげない一言を会話の中で加える

先に述べた相づちの話と一部繋がりますが、会話の中でさりげない一言を加えることで、上司からの評価はあがります。
例えば質問をするときに「お時間よろしいですか」「お忙しいところ申し訳ありませんが」など一呼吸置いた一言を加えることで印象が大分変わります。
質問をするときもどうしたらいいのか分からないときは、「どうすればいいのか」では能力に疑問を持たれるため、具体的に方法を述べながら「このようにすればいいのですか」という聞き方をしましょう。相手の答えやすい質問になるので、質問内容で相手にストレスを感じさせません。

 

注意にもどん欲な姿勢で応える

上司から注意を受けた場合、たとえそれが納得行かなくてもとりあえず我慢しましょう。そして注意されたことを謝罪し、注意してくれたことを感謝しその旨に関して礼をいいましょう。特に最近は上司からの注意やいざこざが原因で会社を辞めてしまう事例が多く見受けられるので、こういった場面でお礼が言える人材というのは評価を高めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です