他人に好かれるための会話術&行動術


 

初対面にも関わらず、相手に好かれたり気に入られたりする人というのを見かけると思います。こうした人たちはどういう話術を使ってうまく気に入られているのか気になりませんでしょうか。彼らはほとんどの人が無意識のうちに気に入られる話術のテクニックを体得しているものです。逆に言えば、こうした問題はちょっとしたテクニックで修得・真似できるものなのです。今回は相手に好かれたり気に入られたりするための会話術&行動法を紹介したいと思います。

 

下の名前で呼ぶ

相手を思いきって下の名前で呼んでみましょう。さん付けでいいので下の名前を呼ばれると、人というのは相手の印象が好意的に記憶に残ります。というのも人が最も慣れ親しんだ言葉の響きというのが実は下の「名前」なのです。この名前を呼ばれることで相手に大きく自分のことを記憶させると共に、無事会話が終わった場合は親しみの感情が強く残ります。

 

見ていて不快な癖を出さない

基本的なことではありますが、相手が見ていて不快だと思われる癖を全部意識して出さないようにしましょう。これらが出てしまうと、どんないい話でもまた聞きたいと思われなくなってしまいます。

 

表現や表情をはっきり見せる

感情が伝わってこない表情の人というのは結構多いです。そうした人は事務的な会話をするにしても、長い時間話していると相手の人が不安になってきてしまい次に会うことを避けてしまいがちです。喜怒哀楽の全てを出す必要はありませんが、喜と楽に関する感情を持ったならば素直にそれを表情や表現で相手に伝えた方がコミュニケーションはスムーズに行きます。

 

わからないことはわからないとはっきり言う

会話の中でわからないことや知らないことが聞かれたら、はっきりとその旨を伝えましょう。謙虚さと誠実さを見せることで相手には知らなくても知らないなりに一定の信頼感を与えることが出来ます。このとき無駄に取り繕うとすると相手に不快感や嫌疑心を与えますので、はっきりとわからないと言った方がいいでしょう。

 

共感ポイントを探す

相手との会話の中で同意を求められてる部分、あるいは体験談の中で自分も共感できる部分がでてきたら、それに共感したという事を伝えてみましょう。人というのは自分と同じ意見や感情を共有する人には親しみを感じやすいので、共感の意思表示は積極的に行ってください。

 

他人を褒める

会話をしている相手に限らずそこにいない第三者も会話の中で褒めてみましょう。人を褒めることが出来る人というのは、非常に好感を持たせます。特に第三者を褒めるという行為は好感と共に、この人は嫉妬心などが少ない人だ、と一種の尊敬の念のようなものも相手に与えることができます。会話の中では好き嫌い定めず、他人の良かったと思うところを褒めてみましょう。そうした態度は相手に信頼感を植え付けることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です