必見!好きな人との距離を近づける心理術


 

今回は恋をしている男女の皆様にお教えしたい、相手との心の距離を縮める心理テクニック、をご紹介したいと思います。人間には人との親密さを感じるための心理的な壁というものがあります。実はこの壁というのはコミュニケーションや単純な物理的接触により打ち破ることができます。よく誰にでもすぐ仲良くなったり好かれたりする人がいると思いますが、そういった人たちはこうした壁を壊す話術や行動を無意識のうちにとっているのです。この無意識の壁を壊すテクニックは割りと簡単なものが揃っているので、今までなかなか好きな人との距離が縮まるまでに時間のかかった人でも、意識しておけば十分活用&効果がすぐ出ると思います。

以下の方法を相手にしてみることで、人との距離感というのはグッと近くなることでしょう。

 

単純接触の心理

人というものは会ったこと無い人よりも会ったことのある人、1度会った人よりも2度会った人、2度会った人よりも3度会った人というように、会う機会が多い人にほど単純に好意を増幅させていきます。まずはどんな用事でもいいので、相手に顔を見せる形で会いに行きましょう。

 

物理的な距離を縮める

単純に自分と相手との距離を縮めましょう。人には安心できる人との距離感というものがあります。基本的にそうした距離感・空間というものは親密な人にしか進入を許しません。これを利用してある程度無理矢理にでも相手との物理的な距離を縮めてしまいましょう。相手は最初の間強い警戒心を持ちますが、時間が経つと次第にこの距離に進入している相手に対して親密感というものを錯覚してしまいます。この現象をうまく利用して相手との親密な関係をステップアップさせましょう。

 

言葉を変える

ちょっとした言葉遣いを変えてみましょう。例えば会話の中で「私」や「あなた」という言葉を「私たち」とすることで、相手を巻き込んでみましょう。自分が含まれる言葉を耳にすることで、自分とペアを組んでいる相手は特別な存在ということを無意識下に意識付けさせることができます。人間のこうした特性を利用して、相手を巻き込んだ言葉遣いをすることがオススメです。

 

秘密を分けあう

自分の秘密を相手にさらけ出すことによって、相手の中であなたに対して持っていた警戒心などを大きく和らげることが出来ます。これは自己開示の法則と呼ばれるもので、相手との親密度を高めるために自分のことを相手に知らせると効果が高まるというものです。こうして秘密を打ち明けた後に、相手も自分の秘密を打ち明けた場合、その時点で親密度は大きく上がっています。こうしてお互いに秘密を分け合うことで、互いの関係が特別な存在であるという認識を持たせることができます。

 

相談を繰り返す

これは上の秘密を分け合うと同じ様な理屈になりますが、悩み事や困ったことを相談すると言うことは信頼する相手にしかしないものです。相手もそのことを分かっているため、相談をうける=自分は相手にとって特別な存在である、という意識が芽生えます。実は人というのは、相手にとって自分が特別な存在である、ということを意識してしまうと、その相手に対して好意に近い特別な感情を抱いてしまいます。相談をするという行為は、こうした人間の心理を逆手に取った親密度のあげかたになります。

 

相性がいいこと、特別な存在であることを相手に繰り返し言う

こちらも上にある言葉を変えると同じ理屈を使った方法です。人間は耳にする言葉が暗示のように作用することがあります。特に信頼している相手や気を許している相手が口にする言葉を何の疑いもなく信じてしまいがちです。こうした方法を利用して、お互いの相性の良さやフィーリングの一致点を何度も口に出し、印象づけましょう。そうすると相手も自分とあなたが相性のいい親密な関係、という感覚を持ちますので親密度が大きく上がります。

 

同じ体験を共有する

お化け屋敷や映画館などがなぜ定番のデートスポットになるのかと言えば、それは同じ体験を共有しやすい場所だからです。恐怖体験であれ感動体験であれ、同じ体験をしてそれを「怖かったね」や「楽しかったね」などと体験の確認と共有をすることで、「同じ体験をした特別な相手」という意識を植え付けることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です