行動から見る女性の「建前」と「本音」


女性がたまに見せる遠慮の「建て前」と「本音」に注意しましょう。女性があなたに見せる行動や言動には、本心から言っているorやっていることというのは実はそれほど多くありません。そっけない態度や気の強い行動を行なっていても、実はその裏に全く別の本音が隠されています。女性の建前を信じて行動すると、察しの悪い男と思われてしまう可能性があるので注意しましょう。

今回はそんな女性が隠している本音と建前で行う行動を紹介しましょう。

 

 

・何もいらない・・・は嘘。本音は何でもいいから欲しい

女性に対して何かプレゼントをあげようと提案して「大丈夫」などと言われ断られたことはありませんか?でも実際は女性というものは何かをほしがっているのです。そこには高価なものを欲しがる気持ちはありませんが、何かしらの気持ちが伝わるものを欲しがっているというのが女性の本音です

 

・ 手を貸したときに「大丈夫」・・・は嘘。本音は手伝って欲しい

何か作業を行っている女性に手を貸そうとして「私は大丈夫です」と返ってきても、実際には女性は手を貸して欲しい場合がほとんどです。特に進行が複雑なものや体力的に負荷がかかるものは強がりな場合があります。こうした作業を自分一人でやろうとする女性は、作業をしている自分を見て欲しい、認めて欲しいという欲求があるので、見事作業をこなしたら褒めてあげましょう。

 

・何気ない記念日などを覚えていて欲しい

女性は異性に会話の内容をちゃんと聞いて覚えて欲しがっているものです。ちょっとした会話の中で話した内容やほんのささいな記念日でも相手に自分同様覚えていて欲しいという気持ちがあります。

 

・辛いことの体験を語ったときは褒めて欲しい

仕事や生活で辛かったことを愚痴のように聞かされることはないでしょうか?これはただ単に愚痴を聞いて欲しいだけではなく、辛いことを乗り越えた努力を褒めて欲しいという思いもあります。なので辛い体験をしたことを聞かされたら、「大変だったね」と共感すると同時に「がんばったね」と褒めてあげましょう。

 

・不機嫌な様子は意図的

女性が急に不機嫌になって押し黙ってしまう、なんてことは良くあります。これは不機嫌だから黙るのではなく、不機嫌の原因があなたにあることを感じ取らせるために黙っているのです。女性は何も言わなくても他人に物事や感情をくみ取って欲しいという考え方をする人が多いです。そのため、女性の様子が変わったら「どうしたの」と聞くよりもまず自分で考えて変化の原因が自分にあるのかどうか冷静に確認してみましょう。

 

・「ほっといて」・・・は嘘。かまって欲しくてしかたがない

喧嘩やちょっとした口論で女性が「ほっといて」とどこかへ行こうとしたり、背を向けて別のことをし出したら、そっとしておくよりもしっかりと話を続けるか、謝るかなどしてかまってあげるのが効果的です。くれぐれも言葉通り受け止めてほっといてはダメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です