上司に嫌われないためのコミュニケーション術


上司に好かれるため・嫌われないためのコミュニケーションのコツを今回はご紹介しようと思います。

上司のことが好きか嫌いか関係なく、彼らはあなたのこれからの会社での生活を左右する特別な存在です。そうした上司に嫌われてしまうと出世競争に乗れなかったり、希望する勤務地で働けなくなったりとデメリットが発生してしまうのは、日本の会社における否定しがたい事実です。
今回は上司から最低限嫌われないために注意しておきたいコミュニケーションにおけるポイントを紹介しています。是非参考にしてみてください。

 

話を聞く、途中で遮ったり席を立たない

上司から好かれるためにはまず相手に気持ちよく話をさせることです。その時には絶対に話を遮るようなことはしてはいけません。傾聴が必要な場面で絶対に抑えておくべきことは「他人の話を最後まで聴く」ことです。
どんな人も会話の途中で話を遮られ、意見や否定的な言葉を使われるのは不快になるものです。それが自分の部下ともなればよほど人間的に出来ている人でもない限り、「生意気」や「失礼なやつ」という印象を受けかねません。
また話を聴く時は、単純に「はい」「いいえ」で相槌をうつよりも、「はい、いいですね」といったように複数の単語を混ぜ合わせると、相手には話をちゃんと聞いているという印象を与えられます。

 

会話の中にクッションとなる言葉や踏み込んだ内容を加える

例えば質問する時に、「わからないのですが・・・」ではなく、「ここはこういう形でいいのですか」といったように、自分で考えた解決策を示した上で方法や手順の質問をするようにしましょう。こうした部下は上司の中で「めんどくさくない」、「仕事がしやすい」といった印象を持ちやすいので、好意的に接してきてくれるようになります。
また相手に話しかける時にも「すいません」だけではなく「お忙しいところすいません」といったクッションとなる気遣いの言葉を使うことで、社会人としての経験が豊富な上司の中で「できる奴」「わかってるやつ」といった印象が生まれ、可愛がられるようになるでしょう。

 

注意された場面でもお礼ができるようにする

よく仕事向けの本に「注意されたらありがとうございますとお礼を言うこと」なんてことが書いてありますが、これは上司に気に入られるには非常に大事なことです。
人間、注意を受けたり叱られたりした後には、中々素直になれずにお礼を言うこともできないものです。大体の人が謝罪の言葉で済ませる程度です。だからこそ叱られたり注意された後にお礼の言葉も同時に言えるような人間は上司にも一目置かれます。上司も同様に注意を受けた後にお礼をすることの難しさを知っているため、素直に謝罪と感謝を表明できる部下に対しては特別目を置くことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です