会話を続けるために抑えておきたいポイント


褒める

相手の持ち物や相手の服装、その他相手の行為の中で気に入ったものがあれば褒めてみましょう。
自分が少しでもいいと思ったものであれば、無理なく褒めることができるので相手にもお世辞ではないと伝わるので会話がしやすくなります。

 

質問されたら同じ内容を質問する

質問をされたらそれに答えるだけでなく、同様の内容の質問を相手にしましょう。話が広がるのはもちろん、質問というのは元々相手が自分に聞いて欲しいと思っていることの可能性が高いため、相手の趣味や好みを把握するきっかけにもなります。

 

話をする時は前置きとして話の内容を伝える

自分から話をする時は、その話の内容がどのようなものなのかをざっくり伝えたほうが、相手を会話の最中に飽きさせない効果があります。例えば映画の内容と同じような内容の出来事が現実に起きたとしましょう。その話をする時に、いきなり映画の内容を説明し始めて次に現実の出来事を話すと、相手にとっては映画の話をしているのに急に別の話題に切り替わっているように感じられます。そのため話に対する集中力が途切れてしまうため、会話を続けるのに不向きな状態になってしまいます。話をするときは予め「この間映画と同じようなことが起こってね。その映画は・・・」という風に話し始め、映画と出来事がつながっていることを伝えるようにしましょう。そうすれば会話は発展しやすくなります。

 

否定的な発言は控える

基本的なことですが、普段の会話の中では相手に対して否定的な発言を控えましょう。相手が自虐的にネタとして消化したがっている、あるいは議論の場であるなどの場面では否定的な発言もいいでしょうが、普段の会話の中では相手の会話に対するモチベーションを下げる原因になるので気をつけましょう。

 

自分語りを避ける

他人のことを話されても楽しくいられる人はそれほど多くないでしょう。質問などを受けたときに自分のことを話してしまう人も多いですが、質問をうまく使ってお互いが楽しめるよう話題を広くとりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です