人に好かれて何度も話しかけられるようになるための会話のコツ7つ


 

相手に好かれ話しかけられやすくするためのテクニックを今回はご紹介したいと思います。

「相手に話しかけられる」とは要は声をかけやすい存在、話をしたくなる存在ということです。そのため必然的に好意を相手に抱かせる必要があります。ここでは相手の中で話をしたくなる存在として認識されるためのちょっとした会話のコツをあげていきましょう。

 

1:名前で呼ぶ

相手のことを呼ぶ時は名前で呼びましょう。名前とはその人にとって唯一無二の自分を表す特別な響きです。そうした固有の特別な名称で呼ぶことで、相手の記憶の中にあなたという存在が植え付けられます。

syota

2:印象を悪くする癖や行動をとらない

基本的なことですが、相手に不快感を与えるような行動は控えましょう。ある程度の発展した仲ならそうした行動をしても普通に話しかけてくれることもありますが、関係性が構築されていない状況では相手に避けられてしまう原因にもなります。

 

3:感情を表す

人は会話をする中で相手の感情が見えないと不安になってしまい、会話をすることをためらいがちです。ですので、人から話しかけられ会話をする時はその会話の内容の中で感じた自分の感情・喜怒哀楽をハッキリと表すようにしましょう。感情が見える相手との会話は、内容はともかく不快にはなりにくいため、会話のしやすい相手との認識が相手に生まれます。

会話2

4:飾った言葉を使ったり見栄を張らない

会話の内容の中で知らないことがあってもそれは恥ずかしいことではありません。むしろ知らないのに知っているフリをするほうが、相手にとっては信頼感の下がる行為なので好ましくありません。話を合わせる目的で見栄を張ったり、無駄に自分を大きくする言葉や表現を使うことは、会話の相手に不信感を抱かせるのでやめましょう。

 

5:否定的な反応をしない

単純なことですが、会話の中で自分の言葉を否定する人と肯定的に聞いてくれる人、どちらがより相手との継続的な会話ができるでしょうか。
否定的な反応ばかりする人とは人は会話をし続けようとする気は持ちません。相手に何度も話しかけられる存在になろうとするならば、なるべく否定的な反応を返すのはやめましょう。

 

6:共感する

人は自分の考えや感情を受け入れられたり共感されることで喜びを感じることがあります。そのため、会話の中で相手の考えなどに共感する姿勢をとることで、自然と相手が近づいてくるようになります。

ies

7:人を褒めるなどポジティブな発言を行う

人と会話をする時はポジティブな発言をするように心がけましょう。特に他人を褒めるといった行為は相手の好感度を非常に高めます。その時褒める相手がその場にいない人だとなお効果的です。
人は自分がいない場での自分の評価を気にしがちです。そのため、その場にいない人のことを褒められる人に対して、少なくとも悪口は言われないだろうという無意識下において安心感を抱きます。そのため相手にとって話しかけられやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です