好意を持っているときに表れる仕草や行動


 

他人が自分と接している時に見せる何気ない仕草や行動。
こうした仕草や行動を見て、その人がどういう感情で接してきているのか判断できれば、と思う人もいることでしょう。
今回は仕草や行動の中で、好意をもっている相手に無意識にしてしまうものを紹介しようと思います。

 

視線の投げ方

基本的に、人は目を向けているものには何かしらの興味を持っています。かといってその視線の興味が必ずしも好意の意味をもっているわけではありません。
相手の視線が自分に対して好意を持ったものなのかどうかを確かめるのには、視線を感じたら目と目を合わせて見ることです。
目と目があった時に
・視線を下のほうへズラす・・・好意を隠そうとしている。
・視線を上のほうへズラす・・・「君のことは意識していない」という拒絶に近い意思。
ということになります。
目を合わせ視線を上のほうへズラされた場合は、決して嫌われているという意味ではありませんが、勘違いしないでほしいという感情が強く出ている行為でもあります。顔を下のほうにうつむかせるようにした場合には、恥じらいの気持ちが強くなっている状態です。

目線に関してもう一つ好意の判断に利用できるのが、会話中の見つめ方にあります。
これは男女によって変わってくるのですが、
男性の場合は、話を聞いている時に目をみつめる時に好意の気持ちがあります。
女性の場合は、話をしている時に目をみつめる時に好意の気持ちがあります。

 

sigu

 

手や足の仕草

手や足の仕草から相手の心理状態を見抜く方法は色々あります。
例えば拒絶を表す行動として有名なのは腕組みです。初対面で腕組みをしている人は失礼に映ることもありますが、それは自分を守るための行動でもあります。
相手への好意を示す場合は、自然と足や腰といった部位を相手と同じ高さにするようになります。そのため、相手と同じような姿勢やポーズをとりがちです。
また好意を示す相手には足の向きがそちらに向かうようにもなります。

 

 

距離感

人は好意を寄せている相手には自然と物理的な距離感を縮めようとします。
なので相手が距離感を縮めてきたら、それは好意の表れと見ていいでしょう。
また逆に相手の好意を確認するために距離を近づけ、相手の反応を見てその気持ちを確認して見るのもいいでしょう。近づいた時に距離を維持しているか離れようとするかで好意を持たれているかを無意識のレベルで判断できます。

 

しぐさ

 

ミラーリング

「ミラーリング」と呼ばれる心理学での用語があります。これは好意をよせる相手と接すると、自然とそのしぐさや行動が似通ってくるというものです。
人は潜在意識の奥で好きな人との同一化を望むものです。そのためにしぐさや声色、口調といった部分を似せていくものです。
また、人は自分に似た考えや行動をとる人に興味や関心を向ける傾向があるので、こうしたミラーリングを続けることで、お互いに両思いになることも多くなります。

 

 

いかがでしたでしょうか。これらの知識を使って相手が自分に好意をもって接してきてくれているかを判断してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です