相手が浮気をしているかどうかの嘘を見分ける方法


 

人は中々嘘を上手にはつけません。どうしても顔や態度、行動といった部分で嘘をついていることがばれてしまいます。
今回はそんな嘘の中でも男女間において時に深刻な事態を引き起こす「浮気」をしているかどうか、その見分け方を紹介したいと思います。
もし浮気をしているかどうか問い詰めて、これから紹介していく行動が相手に見られるようならば、もしかしたらその人は嘘をついている可能性が高いです。

 

笑顔で嘘を見分ける

 

人がする笑顔にはいくつか種類があります。「本当に笑っている笑顔」「軽蔑・侮辱的な意味合いを込めた笑顔」「相手を欺く目的の笑顔」です。

本当に笑っている場合、笑顔は目や頬の筋肉と連動します。そのため顔に複雑なシワが現れます。
相手を欺く目的の笑顔は、こうした筋肉の連動が行われません。そのため特に目元においてシワなどができず、「目が笑っていない」状態になります。

こうした「目が笑っていない」状態は偽りの感情を相手に見せている意図を持っているので、嘘をつく時に出やすい笑い方です。
また他にも口がしっかりと閉じられていたり、何度も唇を濡らす行為をしているとストレスを感じている証拠でもあるため、嘘をついている可能性が高いです。

 

 

饒舌になる

人は他人から疑われた時の反応として2つの大まかな反応をするものです。一つは黙ること。もう一つは饒舌になることです。

あなたが相手に浮気の嫌疑をかけたとしましょう。そしてある程度そのことについてお互い会話をしたら、あえて疑ったことを謝罪しましょう。「疑ってごめんね」と誤った後に相手がどのような反応をするかで、相手が嘘をついているかどうかわかる可能性があります。

まず嘘をついていない可能性の高い人が浮気の嫌疑をかけられた場合、黙ったり怒ったりする反応を多いです。黙るということは、考える冷静さを持っており嫌疑をかけられた理由や原因を見極めようとしています。あるいは最初から浮気を疑われることに対して、やましいことがないゆえに関心が薄いという現れでもあります。
嘘をついている可能性が高いのは、浮気の嫌疑をかけられた時に饒舌になる人です。口数が多くなるということは、冷静さを欠いていることの現れでもあり、必死に取り繕うとしている可能性があります。こうした饒舌さは「嘘の上塗り」になるため、さらに相手を騙そうという意図をもっています。

 

 

相手の目をじっくり見て質問する

長時間目を見つめて質問をすることで、相手の反応を確認するという方法もあります。人は目と目をあわせるという行為に、強いプレッシャーを感じます。このプレッシャーを与えた上で、浮気に関する質問をして見ましょう。目をあわせたことによるプレッシャーで緊張状態に陥っているため、素に近い反応を示し、嘘がつきにくくなります。
反応の見分け方としては前述の饒舌になるかどうかが最もわかりやすいでしょう。プレッシャーをかけた上で質問をすれば、より反応が顕著になります。

 

 

男女の嘘のつき方の違い

男性と女性では嘘をついたときの行動が異なります。

男性の場合、嘘をついた際にばれたく無いという気持ちから相手から目をそらします。
逆に女性の場合は、嘘をついてその嘘が相手に見破られていないか確認するために、相手から目をそらしません。

そのため女性の嘘を見分けようとする場合、目を見て判断するというやり方は効果が薄いです。なのでプレッシャーを与えた上で、相手に弁解の余地を与えるように誘導しましょう。そこで饒舌になるか冷淡な反応を示すかで嘘かどうかを判別できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です